保湿をして肌の乾燥を防ごう

こんにちは。たぬきです。今回は肌の保湿について書いていきたいと思います。秋に入り空気が乾燥してきました。肌も乾燥してきます。私は乾燥肌でひどいときはアトピーと診断され皮膚科に通っていました。今はかなり改善されましたが冬になると肌の状態が悪化して皮膚科に通うことになります。しかし、普段から肌の保湿を行っていると状態の悪化を防ぐことができます

 

普段から肌の保湿を行う

入浴して肌を清潔にする

毎日、入浴して肌を清潔に保ちましょう。その際もスポンジなどでゴシゴシと体をこすると肌を傷つけてしまうのでせっけんをしっかりと泡立てて手でやさしく体を洗っていきましょう。洗い終わった後は泡を残らずしっかりと流してください。お風呂につかったりシャワーを浴びるときはぬるめのお湯にしましょう熱いお湯だと体がかゆみを感じてかいてしまいます

 

保湿剤を使う

あまり肌が乾燥していないときは「まあ、塗らなくてもいいか」と考え塗らないときもあると思いますが、入浴後はすぐに肌が乾燥してしまうので早めに保湿剤を塗りましょう。時間がたつと乾燥してきて体が痒くなるということがあります。べたつかないものや香りがあるものや体がぬれたままでも使えるものなど色々な種類の保湿剤があるので自分にあったものを使うといいと思います。全身に保湿剤を塗るのは面倒という人には入浴剤タイプがおすすめです。入浴剤タイプはいちいち塗る手間がかからないのでとても良いと思います。

 

加湿をする

秋から冬は暖房を使うことが多いと思います。暖房を使うとどうしても部屋が乾燥してしまいます。それを防ぐためには加湿するのがいいでしょう。洗濯物やぬれたタオルを干したりするのもいいですが加湿器を使うのが一番いいと思います。

 

まとめ

肌が乾燥するとかゆみが出やすくなります。かゆみも最初はたいしたことはないのですが、時間がたつとどんどんかゆくなっていきます。寝ている間に無意識のうちにかくこともありかいているうちに傷がついたり出血することもあります。かくことを繰り返していると肌の状態はどんどん悪化していきます。それを防ぐために肌を清潔にし保湿をきちんと行うことが大事になってきます。肌のケアは手間がかかりますが肌の状態が悪化し皮膚科に通うことになると時間とお金がかかりかゆみがひどくなるとイライラして精神的にもよくありません。きちんと保湿を行うことで乾燥が防がれかゆみを軽減することができます。もし、かゆみが収まらない、かきすぎて傷ができている場合は市販の保湿剤を使うと悪化する可能性もあります。早めに皮膚科の受診をおすすめします

こんにちは。たぬきです。今回はダイニチの加湿器「HD-5016」について書いていきます。この加湿器は1年前に買って1シーズン使いました。実際に使...