映画「インターンシップ」 感想、ネタバレ

こんにちは。たぬきです。今回は「インターンシップ」の感想を書いていきたいと思います。2013年公開のコメディ映画でヴィンス・ヴォーン、オーウェン・ウィルソンが出演しています。

created by Rinker
20th Century Fox Jp

あらすじ

営業トークの腕は天下一の中年セールスマン、ビリーとニック。だがある日、アナログ気質の彼らの会社は、デジタル時代のあおりを受けて倒産してしまう。路頭に迷うふたりだったが、ビリーの提案でGoogleのインターンになることを決意。なんとか面接を合格するも、本当の試練はここからだった……。果たして、IT音痴のオッサンたちは、超優秀な学生たちを押しのけて、Googleに入社することが出来るのか!?

オフィシャルサイトより引用

 

感想、ネタバレ

時代に取り残されたおっさん2人といまどきの若者たち

会社が倒産してしまい路頭に迷うビリー(ヴィンス・ヴォーン)とニック(オーウェン・ウィルソン)がグーグルのインターンを受け正社員を目指します。営業マンとしては非常に優秀な2人ですがコンピュータの知識はゼロ。周りのインターンたちは有名大学に通っている優秀な学生たち、おっさん2人がいること自体が場違いです。しかも、ビリーとニックは相手の質問に答えるというよりも自分の言いたいことだけ言って自分に有利な状況にもっていこうとします。不利な状況になると自分の非を認めず得意の営業トークで相手を丸め込もうとします。そんな2人を見ていると少しイライラしてきました。チームを組むことになるのですが他のメンバーはスマホばかり見ていたり人付き合いが苦手ないまどきの若者たちです。課題を出されても知識が全くない2人は見当違いなことばかり言ってチームのメンバーたちもあきれて相手にしません。そんな中でスポーツの課題があります。チームは負けてしまいますが2人のあきらめるなという熱いトークでチームは団結します。話しの内容はけっこうめちゃくちゃです。あんなトークでなぜみんなやる気になったかわかりません(笑)内容よりも思いの強さに惹かれたのでしょう。

おっさん2人と若者たちが成長していく

その後の課題に対していいアイデアがうかばないでいると2人はみんなを連れて飲みに行きます。飲んで楽しんで交友を深める昔ながらの方法ですね。実際に効果は抜群で初めて行くクラブで踊ってダンサーと楽しんで酒を飲んでバカをやってはじけていきます。いつもスマホを見ていたり控えめな彼らが新しい経験をしてみんなに心を開いていきます。そこからチームは課題を順調にこなし友人のように仲良くなります。全てうまくいっているようにみえましたがビリーのちょっとしたミスでチームが負けてしまいます。責任を感じ一度はチームを去りますがチームのメンバーはビリーを必要とします。ニックがビリーに会いに行き訳のわからないトーク(笑)で夢をあきらめるなと諭します。そのころ他のメンバーたちは店にグーグルで広告をだすように営業をしますがパソコンを見ながら台詞を棒読みするだけです。とうぜん店主には全く気持ちが伝わりません。戻ってきたビリーとニックが再び店主と話します。店主の考えに賛同した上でよりよい提案をしていきます。2人の熱い気持ちに引っ張られて他のメンバーたちがグーグルのネットサービスを利用していかにこの店が多くの人たちに愛されているかを説明していきます。先ほどの棒読みと違い心からでてきた言葉です。店のためになることをしたいとチーム全員が伝えていき契約をとることができます。この結果は「人と情報をつなげる」というグーグルの目的に適ったものでありチームのメンバーは晴れてグーグルに入社することになります。ライバルの学生には何度も嫌味を言われたり落ちこぼれだったメンバーたちが勝ってみんなから祝福されるところはとても爽快な気分になります。やっぱり映画はハッピーエンドがいいですね

 

好きなシーン

クラブで飲んだ帰りの朝方に丘から橋と街並みを見下ろしているところで若いメンバーたちが自分の気持ちに素直になったりコンプレックスを話し始めます。そこでビリーとニックが優しくフォローしていきます。人生の先輩と後輩が気持ちを通わせて親交を深めていくシーンはとても素敵です

 

まとめ

だめなおっさん2人といまどきの若者たちがギャップを乗り越えながら親交を深めお互いに成長していくのを笑顔でみれるコメディ映画です。最初は2人の自分勝手にも感じるトークや訳のわからない例えに少しイライラしましたが、最後の店主に話しかける内容はとてもわかりやすく胸に響くものがありました。「人生で一番怖いのは変化だ」「でもパターン化はいやだ」「変化を怖がっていた」 「目の前にチャンスは広がっている」など自分に言われているような気持ちになりました。話しがうまくいきすぎている感じはありますが、やはり映画は楽しめて幸せな気持ちになれればいいと思います。この映画を見た後は気持ちが前向きになっているかもしれません。おすすめです。

 

created by Rinker
20th Century Fox Jp