定期的に水槽の水換えを行って金魚を元気に育てましょう

こんにちは。たぬきです。今回は金魚水槽の「水換え」について書いていきます。
定期的に水換えを行うことで水槽内の有害な物質を少なくして金魚を元気に育てることができます。

なぜ水換えが必要か

そもそもなぜ水換えが必要なのでしょうか?

それは時間がたつほどに水槽内に金魚にとって有害な物質が増えていくからです

有害な物質とは「アンモニア」「亜硝酸塩(あしょうさんえん)」「硝酸塩(しょうさんえん)」です。

アンモニアは金魚の糞や食べ残した餌などを微生物が分解するときに発生し、次にバクテリアがアンモニアを亜硝酸塩に分解し、さらに亜硝酸塩を硝酸塩に分解するとで発生します。

アンモニア、亜硝酸は金魚にとって非常に有害です。これらが増え続けると金魚が死んでしまいます。硝酸塩はそれほど害はないのですがこれも増え続けると金魚にとって害になります。

ではこれらの有害な物質はどうすればいいのか?それは生物ろ過のサイクルを作り上げることが大事になってきます

生物ろ過とはバクテリアによって猛毒のアンモニアを亜硝酸塩に、亜硝酸塩を硝酸塩に変化させて金魚が健康的に生活できる水質に変化させることを言います。

このバクテリアは自然に存在するのですが、最初に金魚を飼い始めた頃は水槽内のバクテリアが非常に少ないのでアンモニアや亜硝酸塩を分解しきれません。
水槽内やろ過フィルターにバクテリアが繁殖し生物ろ過のサイクルが出来上がるのに約1ヶ月かかります。 また、生物ろ過のサイクルが出来上がっても硝酸塩を分解することはできません。

金魚にとって有害な物質がある状態なので非常に厳しい環境にいることになります。

その状態を改善するのが水換えになります

定期的に水換えを行う

金魚を飼い始めて最初の1ヶ月ほどは生物ろ過のサイクルが出来上がっていないので水槽内にある有害な物質を水換えで取り除く必要があります。

あくまで私の場合ですが、20リットルの水が入っている水槽では最初の1週目は2日に1回、4分の1(約5リットル)の水換え、2週目は3日に1回、4分の1の水換え、3、4週目は4日に1回、4分の1の水換えを行います。
生物ろ過のサイクルが出来上がった後は1週間に1回、3分の1(約7リットル)の水換えを継続して行います。

最初の1ヶ月はかなり頻回に水換えをすることになります。それでは大変すぎる、時間がない、仕事で疲れているのにやってられないという人たちが多いと思います。その時は最初の1ヶ月は週に1回、2分の1の水換えを行って有害な物質を取り除きましょう。その後は1週間に1回、3分の1の水換えで大丈夫でしょう。
アンモニアや亜硝酸塩など有害な物質は目に見えるものではないので水換えで本当に取り除けているか心配なときは専門の試薬があるのでそれらを使って確認するのもいいでしょう。

水換えで注意すること

多めの水換えはしない

生物ろ過サイクルが出来上がったら1週間に1回、3分の1の水換えで十分です。2週間に1回の場合は2分の1の水換えにしましょう。
生物ろ過サイクルが出来上がればアンモニアも亜硝酸塩も増えていきません。硝酸塩のみ増えていきます。硝酸塩はそれほど有害ではないので多めの水換えは必要ありません。多めに水換えをすると水槽内にいるバクテリアも一緒に取り除かれることになり、生物ろ過が機能しなくなりアンモニアや亜硝酸塩が発生することになるので注意が必要です。

カルキ抜きを使う

水道水にはカルキ(塩素)が含まれており金魚やバクテリアには有害なので 、新しく水を入れるときはカルキ抜きを使いましょう。 カルキ抜きには色々な商品がありカルキだけでなくその他の有害な物質も取り除く商品があるので気に入ったものを使えばいいと思います。ちなみに私は「テトラ アクアセイフプラス」を使っています。

温度を合わせる

新しく水を入れるときは水槽の水の温度に合わせましょう。温度をあわせずに水を入れて水槽内の温度が急に変わると金魚にとってとてもストレスになり体調を崩す原因になります。新しく入れる水の温度の差は3度以内にしましょう(水槽の水が25度なら新しく入れる水は22度から28度以内です)
水温の調整はお湯を入れて調整してもいいのですが、けっこう手間がかかります。私は前日にタンクに水を汲んで水槽のある部屋に置きっぱなしにします。すると自然と水槽とほぼ同じ温度になるので事前の水温の調整が必要なくなるので便利です。

まとめ

結論として生物ろ過サイクルが出来上がっている場合は

1週間に1回、カルキを抜いて温度を合わせた水を3分の1交換しましょう

生物ろ過サイクルが出来上がっていない場合は

頻回に水換えするか、1週間に1回、 カルキを抜いて温度を合わせた水を2分の1交換しましょう

定期的に水換えをすることによって水槽内の有害な物質を取り除くことができるので金魚にとっていい環境で飼育することができます。

水が汚れて水質が悪化すると金魚は体調を崩しやすくなり病気にかかることがあります。病気にかかれば死ぬこともあるし治療するためにはとても大きな手間と時間がかかります。

それらを予防するには水換えがとても大事になります。きれいな水(生物ろ過サイクルが出来上がった水)を維持することで金魚も元気で健康的に過ごすことができます。その結果、大事に飼っている金魚が長生きすることができるので定期的に水換えをしていきましょう。